田んぼの中に虫がいなくなっている?

近所のおじいちゃんと話す機会があって10分くらい立ち話したんだけど、その時に田んぼの中に虫が全然いなくなったと言われてました。

普通というか自分が小学生の時には田んぼに入ってザリガニやカマキリ、イナゴなんかを取って遊んでいたものです。中には蛇に遭遇したときもありますが、まーいろんな虫がいましたよね?

その虫が今は見当たらないというのです( ;∀;)

詳しく聞くと、ドジョウやヒル、メダカ、タニシ、ゲンゴロウなどが見当たらないといってました。それもここ数年の間にです。その前までは少なかったけど見つけることはできたそうです。

どういうことなんでしょうね?水が悪くなったのか。農薬?ってことはないと思うけど、確かにイナゴなんか田んぼの横を車で通っただけで何匹も飛び回るのが普通ですが、今は何も飛びませんよね?

やっぱり虫が田んぼにもいなくなりつつあるんですね。これってどういうことが起こるのでしょうか?稲をイナゴに食べられなくなるのでいいような気もしますが、土壌などは田んぼの水質を良くしてくれる効果があると思うからよくないでしょうね。

世の中虫もいなくなるような時代になるんですかね?寂しいですね